agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn

  • 2016年5月12日

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn
agnès b. Homme
Border Hoody Cut&Sewn

agnes b.(正式にはagnès b.と表記)は、
フランス生まれのデザイナーAgnes Trouble(アニエス・トルーブレ)が
1975年に設立したファッションブランド。

1960年代には雑誌ELLEでエディターとして働く傍ら、
多くのメゾンでフリーランス・デザイナーとしても活動した経験を基に、
1975年に自らのブランド”agnes b.”を立ち上げ、
フランス・パリのレ・アール地区にブティックをオープンする。
この店舗は古い肉屋を改造したもので、
同ブランドのイメージ通りシンプルだが人々に強い印象を与えた。

その後、パールボタンが付いたカーディガンやボーダーTシャツが爆発的なヒットとなり、
1984年には日本にも初上陸する。

レディース・メンズ・キッズ、バッグと幅広いラインを展開をし、
流行にとらわれないシンプルで機能的なデザインが特徴。

中でも、昔のデザインを復刻させたロゴキャップ”CASQUETTE”や、
定番のボーダーロンTなどはすぐSOLD OUT。
大阪では、昨年ショップがリニューアルし、
セレクトショップでも展開されるなど、
ファッションに敏感な方々からも注目されるブランド。

本日は、agnès b.Homme(アニエスベー オム)より、
Border Hoody Cut&Sewn(ボーダー フーディー カットソー)のご紹介です。

こちら、ベーシックなボーダー柄。
有りそうでなかなか無い、
ライトグレーとブルーの色合わせ。

柔らかく肌触りも良いノンストレスな着心地。
身幅、アーム共にすっきりとしており、
スタンダードなシルエットになっております。

また、左サイドに付く、
筆記体の「b」のタブのみのシンプルなブランドロゴ。
この辺りも狙って無いようでカッコ良い。

藤原ヒロシ氏も着用されていた、
90年代を代表とするボーダーと言えば、
agnès b.。
そんな印象が有り、
agnès b.が作り出すボーダー柄には
昔から個人的にも惹かれる。

デニムやコットンパンツに色々足し算せずに
シンプルにサラッと合せるのもアリかと思います。
個人的にはショーツにフーディータイプのカットソーを
ゆる〜く合わせて足元はスニーカー。
的な90′sのまさにHFなスタイリングは今またCOOLかと。

カットソー生地のフーディーって探すと意外と無いんですよね。
ショートスリーブじゃなくてロングスリーブ。
これがGOODなんです。

シンプルにもレイヤードでも使える、
ホントに丁度良い生地感。

年を重ねても、何年後も着たくなる、
そんな雰囲気。

是非。

agnès b. Homme Border Hoody Cut&Sewn
size -
color GRAY×NAVY
price ¥12,800- + tax. SOLD OUT