IZOD LACOSTE 70′s Vintage V-Neck Wool Cardigan

IZOD LACOSTE 70′s Vintage V-Neck Wool Cardigan

  • 2018年11月13日

スクリーンショット 2018-11-12 13.53.53
LACOSTE

LACOTEの創り出す世界。

色遣いも特徴的。

それぞれの時代に合った変化をしながら
ビビットな色味とMIXする、
CLASSICとSPORTS。

Joseph(ジョセフ)のクリエイティブ ディレクターであった
Louise Trotter (ルイーズ・トロッター)”が、
2019 FW Collectionよりクリエイティブディレクターに就任。

彼女の世界観もまたCOOLで、
今後の展開も楽しみなブランド。

本日は、こちらのアイテムをご紹介。

IZOD LACOSTE Vintage V-Neck Wool Cardigan

IZOD LACOSTE Vintage V-Neck Wool Cardigan

IZOD LACOSTE Vintage V-Neck Wool Cardigan

IZOD LACOSTE Vintage V-Neck Wool Cardigan

IZOD LACOSTE Vintage V-Neck Wool Cardigan

IZOD LACOSTE
70′s Vintage V-Neck Wool Cardigan

1933年創業という古い歴史を持つ、
“LACOSTE(ラコステ)”。

元プロテニス選手のルネ・ラコステ氏によって立ち上げられ、
粘り強いプレースタイルからつけられた
ラコステ氏のニックネーム”ワニ”。

当時、テニスウェアは運動に適したものではなく、
その状況を塗り替えたのがLACOSTEのポロシャツ。
以来、テニスウェアだけでなく
オフシーンにも使えるファッションブランドとしての地位を確立した。

LACOSTEは、
通称”FRENCH LACOSTE”と呼ばれているフランス主導のLACOSTEと、
本日ご紹介させて頂く、
IZOD LACOSTE(アイゾッド ラコステ)の2種類を展開していた。

IZOD LACOSTEは、
アメリカのIZOD社がLACOSTEとの契約により、
アメリカ企画というラインで一時期生産しており
今は契約が切れている為作られていないモデル。

こちらは、”IZOD LACOSTE”、
70′s Vintage V-Neck Wool Cardigan(70年代 ヴィンテージ Vネック ウール カーディガン)。

1970年代のヴィンテージのモノ。

IZODの「I」の部分がボビンになっていて糸が巻かれている、
70年代を代表する通称”糸巻きタグ”。
タグの小さなコダワリもまた愛着が湧いてくる。

サイズ表記は無いですが、
アームや身幅がゆるいシルエット。

チェック柄やスラックスなどのボトムスと合わせても、
少しルーズなこのサイズが、
カチッとはめ過ぎずに、力を抜いてくれる。

フロントボタンを留めてフロントをパンツINしたり、
ハイネックカットソーの上に羽織ったり。

首に巻いてストール替わりに使ったりも。

折返す用に袖のリブは長めですが、
敢えてそのまま長めで袖口をキュッと。

アームのルーズさと
袖口のタイトなバランスが可愛い。

何よりも発色の綺麗な”GREEN”がアクセントになって、
スタイルをワンランク上げてくれる。
そんなアイテム。

ダークトーンが多い冬のスタイルに。

今となっては希少な、
70年代 IZOD LACOSTE。

MEN、WOMEN限らず、
是非おすすめです。

IZOD LACOSTE Vintage V-Neck Wool Cardigan
size -
color GREEN
price ¥9,800- + tax.