Maison Martin Margiela ⑥ Cut Off Black pant

Maison Martin Margiela ⑥ Cut Off Black pant

  • 2016年9月21日

black pant


black pant.

好きな色”black”。

きれいなドレスに固めすぎず、
カジュアルに落とし込むのが好き。

private blog up
yukikkitchen // black pant.
色々なスタイルをアップ。

Martin Margiela ⑥ Cutoff Cotton pant

Martin Margiela ⑥ Cutoff Cotton pant

Martin Margiela ⑥ Cutoff Cotton pant

Martin Margiela ⑥ Cutoff Cotton pant

Martin Margiela ⑥ Cutoff Cotton pant


Maison Martin Margiela ⑥
Cut Off Black pant

Martin Margielaは、
ベルギー出身のファッションデザイナー。

88年パリで自身のレーベル
「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」を設立。
数々のコレクションでも世界的に有名なブランド。

2015年より、
John Galliano(ジョン・ガリアーノ)がクリエイティブディレクター就任を経て、
“Maison Margiela(メゾン・マルジェラ)にブランド名を変更。

それにより、
Maison Martin Margielaと言えばの代表作、
タビシューズ、ハの字ライダース、エイズT、
白いペンキ加工やエルボーパッチなど、
今となっては希少になってきている。

生地に古着を使用する、古着の活用や、
新しい服のVintage加工など、独自の視点からの服作りを行う。
マルジェラのスタイルは、
90年代に流行するグランジファッションの先駆け的なスタイルを作った。

本日ご紹介させて頂くアイテムもそのテイスト、
Cutoff Cotton pant(カットオフ コットンパンツ)をご紹介。

こちら、
Martin Margielaらしさのあるデザイン。

ウエストからサイドの生地の縫製が、
きちんと処理せず、あえてカットオフされた様になっており、
Vintageのほつれ感を感じる様な仕立て。

更に裾もカットオフされ、そのまま。
それがまた雰囲気があり、
綺麗にまとめずに、モードなテイストの中に遊びがある。
カッコよくて、
メンズっぽい。

私もメンズっぽい、
ラフさもある様なデザインのモノを持っておりますが、
色々遊べるのでスタイルの幅が広がる。

こちらのパンツも、
「ただ、カットオフしてVintageの雰囲気を出した」ではなく、
少し光沢のあるコットンの生地感とシルエットがすごく綺麗。

そこが、やはりスタイリッシュで、
穿くと分かる考えられているカッコよさ。
そこまでデザインが入って無いすっきりとしたテイストが、
長く愛用して頂ける1本になる。

生地、シルエット、デザインの
“きれい”を崩すバランスが絶妙だと思います。

スウェットも着たくなる秋、
Champion等のVintage Sweatに、
Martin Margielaのパンツで合わせる
Vintage × Mode なスタイル。

また、きれいめな赤やブルーのハイゲージニットで、
モードな雰囲気を”色”で外すのも素敵で面白い。

定番のアイテムも揃ってきているかと思うので、
この秋は、合わせるスタイルで遊んでみるのも良いですよね。

サイズ表記40となっておりますが、
実寸は30inch。
これから暑手のニットやスウェットの
タックインスタイルもしやすいかなと思います。

サスペンダーを合わしたり、
腰で落としてラフに穿くのもカッコよい。

穿き方によって雰囲気も変わり、
尚且つシルエットは崩さず穿けるバランスが◎。

是非おすすめです。

Martin Margiela ⑥ Cutoff Cotton pant
size 40 (30inch)
color BLACK
price ¥18,800- + tax.