Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

  • 2019年11月30日

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

ニットスカートとパンツを重ねる。

素材やデザインに拘った、
こんなレイヤードもアリ。

本日は、こちらのアイテムをご紹介。

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt
Maison Martin Margiela ⑥
“Miss Deanna” Knit Skirt

皆様ご存知のブランドかと思いますが、
Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)は、
フランスを拠点とするファッションブランド・メゾン。
ウィメンズ・メンズウェア、アクセサリー、シューズ、フレグランスなどと幅広く展開。

ジョン・ガリアーノのクリエイティブディレクター就任を経て、
2015年よりブランド名を“Maison Margiela”(メゾン・マルジェラ)に変更。

定番とされていた、
タビブーツやハの字レザーなども生産されなくなるとの噂もあり、
ファッションフリークを賑わしています。

こちらは、Maison Martin Margiela ⑥(メゾン マルタン マルジェラ⑥)、
“Miss Deanna” Knit Skirt(“ミス ディアナ” ニット スカート) 。

90年代、
Maison Martin Margielaがデザイナーを勤めていた時期に作られたニットスカート。

タグには、’Miss Deanna’
という名前が印字されている。

この’Miss Deanna(ミス ディアナ)’。

1964年に制作活動をスタートし、
1970年代からヨーロッパを中心とした様々なコレクションブランドとのコラボレーションに取り組んでいる。

彼女は、
テキスタイルとニットに強い女性で
有望若手デザイナーのサポートをしてきた方。

Maison Martin Margielaでは、
1990年代初頭から2000年初頭までニットとカットソーを製作した。

デビューコレクションは、
資金の関係でコットンのみを使用したコレクションで、
このMiss Deannaの協力があったおかげで、
1992年頃からニットの製造が開始されたそう。

今のブランドがあるのも、
Miss Deannaのおかげと言っても過言では無く、
Maison Martin Margielaを作ってきたチームには、
欠かせない1人。

今となってはVintageといっても良い年代で、
稀少なアイテムです。

こちらは、Knit Skirt(ニットスカート)。

Made in ITALY.

Miss Deannaの製作したアイテムには
彼女の名前が印字され、
このタグは初期のマルジェラの一部に付随。
特徴でもある、
タグのホワイトステッチがアクセントになっている。

こちらのスカートは、
タイトシルエットまでいかず、
ゆるやかな広がりが綺麗なスカートライン。

余計な装飾やデザインはなく、
ただただシンプルで
どんなスタイルにも馴染む。

ボディはNAVY、
ウエストバンドがBLACK。
2色のコントラストが素敵な仕上がり。

シルエットラインがすっきりとしているので、
厚手のロングニットでざっくりと。

細身のデニムやレギンスと重ねても可愛い。

ステンカラーコートの下から覗く、
ニットとの異素材の質感も素敵で、
レオパードやフラワープリントなどのロングスカートの上に重ねると、
また違った印象で楽しめる。

ずっと愛用したくなる
Maison Martin Margielaのニットスカート。

是非おすすめです。

Maison Martin Margiela ⑥ “Miss Deanna” Knit Skirt

size MEDIUM
color NAVY
price ¥20,800- + tax.