NIKE DUNK RETRO QS ‘MICHIGAN’

NIKE DUNK RETRO QS ‘MICHIGAN’

  • 2016年8月26日

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'
NIKE DUNK RETRO QS
‘MICHIGAN’

NIKE DUNK(ナイキ ダンク)は、
1985年に発売したバスケットボールシューズ。

カレッジリーグの強豪校を対象に、
スクールカラーのコンビを計7色展開したDUNKは、
鮮やかな配色でバスケットボールファンに衝撃を与えた。
1980年代後半のバスケットボールシューズのトレンドを牽引した先駆的なモデル。

トウに施されたベンチレーショホール、
波状に配置されたシューホールが、
足全体を包み込むようなフィットを実現。
アンクルパッドには足首のフィット感を提供するクッションを搭載するなど、
バスケットボールというスポーツに適したディティールで作られている。

そして、こちら。
アメリカ合衆国ミシガン州立の研究型総合大学の、
MICHIGAN College(ミシガン大学)のカレッジカラープロジェクトとして、
ミシガン大学のチームカラーをDUNKに落とし込んだモデルが、
1985年に発売。

このモデルは今はCloseしてしまったがPOOL Aoyama、
現在もOPENしているTHE PARKING GINZAのプロデュースもする、
Fragment Designの代表でもあり藤原ヒロシ氏が、
スケートボードをする際に愛用していたモデル。
藤原ヒロシ氏の愛用しているスニーカーをピックアップした雑誌、
「Sneaker Tokyo vol.2 “Hiroshi Fujiwara”」の表紙も飾った事でも話題に。

スニーカーフリークの中では、
“紺黄”と言われているこちらの色味。
この色味がお好きな方も多く、人気カラーで
個人的にも大好きなカラーの組み合わせ。

バーシティメイズカラーのアッパーに、
ミッドナイトネイビーを配色で、
DUNK好きのファンにはたまらない復刻カラー。

当時から現在も人気劣る事無く、
2016年5月に復刻された際も、
待ちわびていたファンにより、即SOLD OUTしたモデル。
買い逃した方も多いのではないでしょうか。

Vintageの様に、
履いてネイビーの色味がフェードし、
レザーにシワ、アジが出ても更に渋くなる。
どっちかと言うと、
大事に綺麗に履くよりも、
ガンガン履いて経年変化を楽しんで頂きたいそんなモデルです。

シンプルなニットにナイロンパンツやデニムで、
大人っぽく合わせるのが個人的に好きかなぁ〜と。
ハイカットをラインソックスをチラ見せで、
あえてショーツに合わせるスタイルもCOOLかと。

DUNKと言えば定番なモデルですが、
なかなかリリースされないレアなカラーでいて
めちゃくちゃ人気の高いの”Michigan”。

是非この機会に。

NIKE DUNK RETRO QS 'MICHIGAN'
size 9 1/2 (27.5cm)
color MICHIGAN
price ¥18,800- + tax. SOLD OUT