RRL S/S Border Sweat

RRL S/S Border Sweat

  • 2015年7月30日

RRL S/S Border Sweat

RRL S/S Border Sweat

RRL S/S Border Sweat

RRL S/S Border Sweat

RRL S/S Border Sweat
RRL
S/S Border Sweat

当店では何度かご紹介させて頂いているブランド。
皆様もご存知のブランドだとは思いますが一応、
RRL(ダブル アール エル)とは…
始まりは、Ralph Lauren(ラルフ ローレン)がヨーロッパに行った時、
Levi’s(リーバイス)のVintage(ヴィンテージ)モノを買おうとしたら、
すでに日本人バイヤーによってほとんどが買い占められていた事を残念に思った彼は、
それならば「自分自身でVINTAGE STYLEを作ろう」とRRLをスタートさせたのが始まりです。
1993年、コロラド州に自身が所有する
RRL牧場(Ralph Lauren氏と彼の妻の頭文字を取ったのがこの名の由来)を
そのままブランドネームにした。
古き良きアメリカを彷彿とさせるウェアは絶大な支持を得た。

という、Ralph Laurenの個人的趣味で始められたと言っても良いブランドで、
Vintageが好きなRalph Laurenの拘りを感じさせられるブランドです。
僕も昔から凄く好きなブランドです。

今回ご紹介のコチラ、
S/S Border Sweat(ショートスリーブ ボーダー スウェット)は、
上記に記すようにVintageからインスパイアーされたディテールを取り入れながらも、
現代的なシルエット、デザインを取り入れる辺りは流石RRL。

特に、特徴的なのは
50年代辺りのVintageのスウェットに良く見られるディテールで、
前後、両面がはめ込みVガゼットとなっており、
裾部分のリブも長リブになっていたりと
雰囲気の良いデザインとなっております。

Vintageのスウェットに良く見られるのが、
縮みによるシルエットの変形で、
個人的には歪みや縮みの出ているモノも好みですが、
ここは好みが分かれる所なのですが、
そこはRRL。
着丈もしっかり取りつつ、
身幅と袖の幅はスッキリさせておりますので、
着て頂き易くなっているのは嬉しい所です。

カラーはボーダーで、
サックスブルーがベースカラーでオレンジとネイビーのカラーが
Vintageっぽくもあり、
でも探すと無い。
この雰囲気が個人的にもツボで、
デニムは勿論ですが、
カーゴ、チノにも相性良く、
今の時期はインナーを1枚着て頂いて着用頂ければと思いますし、
少し寒くなるとサーマル、ロンT、シャツ等と合わせて頂ければ◎かと思います。

こちらの商品、
生地はコットン100%で裏は起毛していないタイプになるので、
まだこのジャンルの中では着易いタイプになりますが、
なかなか着る時期が難しいと言われるアイテムの1つですが、
正直日本の気候にはあまりマッチングしないアイテムかとも思います。
でも、半スエ。
個人的にも好きで、
着てる方を見ると良いなぁ〜と思ってしまうアイテム。

オシャレは我慢とも言いますが、
着たいモノを着たい時に着る。
これも自分的にも思うファッションのキーワード。

暑かろうが、寒かろうがという気持ちは正直ありますし、
そんなスタイルもCOOLかと思います。

是非オススメさせて頂きたい。

RRL S/S Border Sweat
size Large
color SAX×RED×NVY
price ¥13,800- + tax. SOLD OUT