Supreme Baja Shirt

Supreme Baja Shirt

  • 2016年4月25日

Supreme Baja Shirt

Supreme Baja Shirt

Supreme Baja Shirt

Supreme Baja Shirt

Supreme Baja Shirt
Supreme Baja Shirt

説明不要のブランドで、
ここ数年群を抜いて人気があり、
もはや不動のStreet BrandとなったSupreme。

皆さんご存知のブランドですが、
Supremeの創設者はJames Jebbia(ジェームズ ジェビア)。
彼は1989年にNew Yorkにセレクトショップ “UNION” を立ち上げた人物。
そこで、STUSSY(ステューシー)の創設者である
Shawn Stussy(ショーン ステューシー)と出会い、
1994年にスケートボード専用のアパレルブランドSupremeを立ち上げる。
Fragment Design(フラグメント デザイン)の代表でもあり、
現在も青山にあるTHE POOL(ザ プール)をプロデュースする藤原ヒロシ氏が
雑誌等で日本で紹介した事も日本での人気に大きく影響している。
現在はNew York Stussyのプレジデントにして、
Supremeのエグゼクティブディレクターという、
世界のストリートを牽引する最重要人物。
世界中の様々なアーティストやブランドとのコラボレーションはファンも多く、
名作は数知れない。

当店でも何度も入荷しておりますが、
BLOGで紹介させて頂く前にSOLD OUTになってしまい
なかなかご紹介出来ないブランド。

今回は日本では即完売だったLogo CapやPINSの入荷もあったのですが、
早々に完売。
やはりカリスマ的な人気を誇るスケートブランド。
L.AのSupremeクルーもシブいメンツで、ゆるさもありカッコ良い。

そんなSupreme(シュプリーム)より、
Baja Shirt(バジャシャツ)のご紹介。

こちら、2013 S/Sに発売されたアイテムで、
メキシカンパーカーのデザインを、
デニム生地で作り、プルオーバーシャツに。
当初3色展開で発売されておりました。

スタンダードなストライプ柄で、
サイドにブランドタブのみが付いたシンプルな感じも、
“実はSupreme~”という感覚が、
面白みがあって個人的には好きな1着。

こちら、そもそも袖は普通にあったものを、
アメリカ人がカットオフし、七分丈に仕立て上げた、
発想が面白く、惹かれるデザイン。
外人ならでは…の”ぶった切る”感覚、
日本人にはなかなか無いセンスを感じます。

カットオフした糸のほつれ具合も、
雰囲気良く、
よりラフで決め過ぎずにゆるく着れるメキシカンパーカー。

メキシカンパーカーは厚手で、
湿気の多い日本の気候ではシーズン的にあまり長く着用出来ない素材なのですが、
こちらはライトな生地感なので、
シャツ感覚で着て頂けるので、
長いシーズン、レイヤードスタイルで着用頂けるかと思います。

個人的にも好きなプルオーバータイプのアイテムでもあり、
色んなスタイリングに合わせて頂きたいなぁと思う所ではあります。
ダメージデニムやブラックデニムにTシャツ。
の上にサラッと被る。
そんな感覚でゆるく着て頂ければ◎かと思います。

これから暖かくなってくれば、
これも個人的に好きなスタイリングでもある
長袖or7分丈等にショーツに合わせるスタイルに、
足元はCONSやVANS。
なスタイリングもCOOLかと思います。

メキシカンパーカー自体、
良い色味、良いサイズのモノは見つかりにくいのですが、
幅広く合わせれる、
このGOODなバランスはなかなか無いなぁと思います。

是非。

Supreme Baja Shirt
size X-LARGE
color WHITE × BLACK
price ¥16,800- + tax. SOLD OUT