wings + horns Crew Neck Sweat

wings + horns Crew Neck Sweat

  • 2014年4月22日

eings + horns crew neck sweat

wings + horns Crew Neck Sweat

wings + horns Crew Neck Sweat

wings + horns Crew Neck Sweat

wings + horns Crew Neck Sweat

wings + horns

Crew Neck Sweat

wings + horns(ウィングス アンド ホーンズ)より
Crew Neck Sweat(クルー ネック スウェット)のご紹介です。

wings + hornsとは…
カナダのバンクーバー出身のCraig Atkinson(クレイグ・アトキンソン)によるブランド。
彼は日本で7年間過ごした経験を持っていて、
その際、日本の製品の品質の高さに深く感銘を受け、
帰国後、高いクオリティと拘ったディテール、
そして、そこにカナダらしさを加える事をコンセプトにメンズウェアのファクトリーを立ち上げた。

1997年、CYC Design Corporation(CYC デザイン コーポレーション)の自社工場にて
Supreme(シュプリーム)、ROGAN(ローガン)、
ARC’TERIX(アークテリクス)等のOEM事業を開始。
後にオリジナルブランド「SPURUCE(スプルース)」を立ち上げ、
2004年、「wings + horns」の展開をスタートさせる。
2008年にはwings + hornsから派生したスウェットブランド
「REIGNING CHAMP(レイニング チャンプ)」をスタート。

2009年にはアメリカのブティックホテル「Ace Hotel(エース ホテル)」がバスローブに採用。
2011年にはAce Hotel とのコラボレーション商品を展開。

と言ったブランドで、
以前より何度か当店で販売しているブランドではありますが、
シンプルなデザインのモノが多いのですが、
シルエット、拘ったディテールが良く、
カナダと言う土地柄か、
良い意味でヨーロッパらしい部分と、
アメリカンな雰囲気をMIXした印象で、
僕も個人的に凄く好きなブランドです。

今回ご紹介のコチラ、
特にコレと言ったデザインが入っているわけでもなく、
一見普通な雰囲気が個人的にも好きで、
本当にwings + hornsらしいスウェットだなぁと思いますが、
そこがまた良くて、
僕自身あまり奇抜なデザインを着る事も少なくなってきていて、
“普通っぽいけど良く良く見てみたらちゃんと拘ってる。”
と言う雰囲気のモノに最近は凄く惹かれます。

そういった意味ではこの辺りのアイテムは
ホントど真ん中で、
杢の入ったゆるい織りのスウェット生地に、
フラットシーマーで縫製された縫製部。
リブ部分をブラックにする事で、
ゆるいイメージのスウェットがスタイリッシュに見え、
ヴィンテージのディテールは残す形で、
フロントにはV字のガジェットを持ってきていたり、
脇下にもリブを持ってきたりと、
すっきりした印象のスウェットになっております。

インナーにT-Shirtsを持ってきて、
シンプルに着て頂いても良いですし、
シャツと重ね着して頂いてもカッコ良いです。

色身もブラックベースなんで、
ブラックのコットンパンツなんかを合わせても良いかなぁと思いますし、
デニムやショーツと合わせて頂いても間違いない、
これからの季節でも十分着て頂けると思います。

真夏以外は一番シーズン問わず長く着れるアイテムですので、
オンシーズンのその時欲しいなぁと思った時に無い、
そんなアイテムだと思います。

是非いかがでしょうか?

wings + horns Crew Neck Sweat

size Small

color GRAY×BLACK
price ¥18,800- + tax. SOLD OUT