Carhartt Denim Painter Shorts

Carhartt Denim Painter Shorts

  • 2018年7月9日

Carhartt Painter Denim Shorts

Carhartt Painter Denim Shorts

Carhartt Painter Denim Shorts

Carhartt Painter Denim Shorts

Carhartt Painter Denim Shorts
Carhartt
Denim Painter Shorts

ワークウェアブランドと言えばCARHARTT(カーハート)という位、
メジャーなブランドですので説明不要だとは思いますが…

120年以上の歴史を持つ老舗ワークウェアブランド。
1889年にHamilton Carhartt(ハミルトン・カーハート)が
アメリカのミシガン州デトロイトでわずか4台のミシンと従業員5人の工場から始まった。

アメリカ ミシガン州で彼らの作る丈夫な商品は
当時の労働者に人気を得た。
最初にダック地とデニム地で作られたオーバーオールは
カーハートを代表するシンボルアイテムとなっていく。
現在はカジュアルウェアとしても広く認知されており
実用的な作業着をファッションへと変化させたブランドでもある。
歴史も古くブランドタグも多数存在し、古着マニアにも人気を得ている。

といったブランドで、
A.P.C.(アーペーセー)、ADAM KIMMEL(アダム キメル)、
fragment design(フラグメント デザイン)、
A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)等々、
ブランドとのコラボレーション等でも注目され、
現在はヨーロッパ発信によるヨーロッパ企画のプロダクト
“CARHARTT WIP(カーハート WIP)”は、
都会的な洗練されたデザインで注目されている。

本日は、Carharttより、
Denim Painter Shorts(デニム ペインター ショーツ)のご紹介。

良い風合いにフェードしたデニムの色味に、
ディティールは本物のワーカー仕様になったデザイン。

左右に、ハンマーループやハンマーポケットが付随し、
ストレートで穿きやすいシルエットになっており、
ベルトループやサイド、ヒゲ部分にもアタリが出て、
抜群に良い色味に仕上がっているショーツです。

90年代のファッションにも良く取り入れられた
ワークウェアブランドであるCarhartt。

ワークとストリートのバランスはこのBlogでも何度か書いておりますが、
スケート等の所謂壊れる所でも、
この壊れにくいモノをチョイスするのって理に適っていると言うか
ハードにヘビーに使える適材適所な使い方。
ファッションとワークという違うカテゴリーにあるアイテムを
MIXして着る感覚は当時としてはめちゃくちゃ新しくてCOOLでした。

気分的にも、このルーズなシルエットのショーツが
Back to 90′sなStyleで◎で、
少しイナタイ感じのカラーフェードも気分で、
ズルっとしたデニムショーツって良い雰囲気のを探すと意外と無く、
こんなんに緩いTシャツやロンT、シャツをダラリと羽織る感じの
抜いた雰囲気なんかは僕ら90年代世代には懐かしい反面、
若いジェネレーションには新鮮でスタイリッシュに着こなして頂けるかなと思います。

この独特なバランス感覚。
今(現在)な気分で、
めちゃくちゃカッコ良いと思います。

是非。

Carhartt Painter Denim Shorts
size 30inch
color DENIM
price ¥7,800- + tax. SOLD OUT