marimekko Aitoa Rakky Pull-Over

marimekko Aitoa Rakky Pull-Over

  • 2019年4月20日

marimekko Aitoa Rakky Blouse

marimekkoの色遣い。

鮮やかで、
独創的。

時代を感じさせない、
長く愛されるグラフィックパターンが素敵。

本日は、こちらのアイテムをご紹介。

marimekko Aitoa Rakky Blouse

marimekko Aitoa Rakky Blouse

marimekko Aitoa Rakky Blouse

190420_marimekko_-aitoarakky_blouse_04
marimekko
Aitoa Rakky Pull-Over

marimekko (マリメッコ)は、
アルミ&ヴィリオ・ラティア夫妻によって、
1951年に創業された。

インテリアファブリックや、
ウェアのグラフィカルプリントが
世界的に有名なフィンランドを代表するブランド。

大らかな風土から生まれたマリメッコ製品は、
さりげなくモダンでナチュラルなテイストに加え、
機能的で着る人、
使う人の心を豊かにしてくれる。

marimekkoの代表的なグラフィックは数々ございますが、
1964年にマイヤ・イソラが発案した
“Unikko(ウニッコ)”と言う
ポピーの花がモチーフになったグラフィックはご存知の方も多いかと思います。

こちらは、Aitoa Rakky Pull-Over(アイトア ラッキー プルオーバー)。

華やかなネックに立ち上がるフリルが、
女性らしいプルオーバー。

オフショルダーではなく、
肩に収まり、
ネックに寄り添うように程よく立つシルエットが可愛い。

また、晴れた青空を思い浮かべる様な
鮮やかな”SKY BLUE×WHITE”の、
すっきりとした色味のストライプ柄。

こちらのストライプは、
表情豊かで今までにないような
新しいストライプをデザインしたいという思いから、
アーティストのErja Hirvi(エルヤ・ヒルヴィ)は、
すばやい筆づかいで幾つかの線を描いた。

そして選ばれた柄の中に、
フィンランド語の古い方言で、
手で刈った乾草の棒を意味する
“Räkky”と名付け、出来上がったストライプ。

きちんと真っ直ぐでは無い、
太さに変化のある動きに
1着の存在感が生まれている。

少しゆるめのシルエットが
リラックスして出掛けられる様な、
そんなブラウス。

涼しげなリネンパンツにサンダルで春らしく。
また、ブラウスを主役にして、
デニム、チノ、ホワイトパンツなど。

カラーバランスで楽しみながら、
春の色味あるスタイルを。

是非おすすめです。

marimekko Aitoa Rakky Blouse
size SMALL
clolor SKY BLUE×WHITE
price ¥17,800- + tax.